総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



小学校の給食時における時間配分

教育改革破綻 小学校入学
小学校の給食時における時間配分
http://syounyugaku.seesaa.net/article/114843509.html

kyusyoku1.jpg


子どもが夢中になる英語教材。あなたも【無料】サンプルビデオ(DVD)でお試しを!
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:12 | Comment(0) | 小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートとは

教育改革 破綻
「ニート」という社会問題

ニートとは学校を卒業した後も就職や進学をせず、就職する意欲も見られない若者のことをいいます家事手伝いやフリーター、引き込もりとの区別などあいまいな点も多いのですが、ここ数年急激に注目を集めるようになった言葉です。近年ニートは急増しており、社会的な問題となっています。

ニート1.jpg


厚生労働省ではニートを、「非労働力人口のうち15歳から34歳の若者で、通学も家事もしていない者。学籍があっても学校に行っていない者。既婚者で家事をしていない者」と定義しています。
ここでいう非労働力人口とは、総務省が毎月実施している調査で、無作為に抽出した4万世帯に住む15歳以上の人口のうち、月末の1週間に家事や通学、職業訓練をしていない者の人口のことをいいます。この人口には専業主婦や学生、高齢者が含まれていますが、ニートもまたこの中で大きな割合を占めています。
また内閣府でも、ある調査の中でニートを定義しています。それによると、「高校、大学及び予備校、専門学校に通学しておらず、独身者であり、家事手伝いを含めて、ふだん収入を伴う仕事をしていない15歳から34歳の者」となっています。
ニートの増加に対して政府ではさまざまな対策を投じていますが、そこではニートについて厚生労働省と内閣府の二重の定義がされていること、また家事手伝いがニートに含まれるかの見解が両社で異なっていることが問題になっています。
また現在のところでは厚生労働省の定義が政府の定義とされています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 16:12 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交通機関の割引

教育改革 破綻 母子家庭
交通機関の割引

乗車券.jpg


母子家庭や父子家庭を指す、ひとり親家庭には多くの優遇制度があります。
その中の一つとして交通機関の割引制度です。
まずJRの場合では通勤定期乗車券の割引制度があります。
児童扶養手当や生活保護を受けている世帯は通勤定期乗車券を3割引で購入することができます。
子供の通学や自分の通勤で使用することができます。
購入するためには、資格証明書と購入者証明書を利用する駅に提出する必要があります。
全国どこのJRでも利用できます。
また自治体によって異なりますが、他の交通機関でも割引制度が設けてある場合も多いのです。
例えば東京都の場合は都営交通の無料乗車券を交付してもらえます。
条件はJRと同じで、児童扶養手当か生活保護を受けている世帯に限られます。
JRと異なる点は該当世帯のうち1人だけ都営交通の無料乗車券が交付される点です。
この無料乗車券は1年間使う事ができ、1年毎に更新されます。
ここでいう都営交通路は都電や都バス・都営地下鉄を指します。
これ1枚あれば不便なく、行きたいところにいけます。
子供の通学費はかなりの費用がかかるので、無料乗車券が1枚あるだけでかなり生活費が浮きます。
母子家庭などの生活費を余計な所にかけられないという人にとってはとてもうれしいサービスになります。
もちろん東京都だけでなく他の都市でも交通機関の割引制度を設けている所もたくさんあります。
市営バスを始め、私鉄などは直接問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:23 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と防犯教育

教育改革破綻 子供の防犯
子供の防犯と防犯教育



キーチェーンアラーム

位置情報子供が犯罪に巻き込まれないためには、大人が安全な環境を整えると同時に、子供自身にしっかりと防犯意識を持たせることが大切です。
そこで重要なのが家庭や学校での防犯教育です。最近では小中学校で防犯ビデオやDVD、パソコンソフトなどによる防犯教育が行われています。中には実際に危険が起こった場面をシミュレーションした実践的な訓練が行われている学校もあります。今や防犯教育は地域や教育機関において最も重視されている課題なのです。
家庭においては日頃から「知らない人にはついていかないこと」と幼児期からしっかり言い聞かせておくことが防犯教育の基礎となります。常に親と一緒に行動する幼児期でも、買い物や人の多い外出先で、少し目を離した瞬間に子どもに危険が忍びよる可能性も考えておかなければいけません。
また小学生になると子供だけで外出する機会が急激に増え、行動範囲も広がります。学校や親から防犯グッズを持たされる子供が増えていますが、位置情報防犯グッズをおもちゃ代わりにしないよう正しい使い方をしっかり教えておくことが必要です。そして日頃から近所の子供と一緒に登下校し、緊急時には大人の居る場所や子供110番の家へ逃げて、助けを求めることも教えておかなければいけません。
日本は他国と比べてまだ防犯意識が低い国だと言われます。子供たちを犯罪から守るためには日頃から大人とともに防犯を実践し、「自分の身は自分で守る」という子供の防犯意識を高めることが最も大切なことです。

催涙スプレー&スタンガンならアキバガレージ本店へ!秋葉原ってこういうのもあるんですよ〜。





posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:32 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不登校の克服の仕方

教育改革 破綻
不登校の克服の仕方

学校.jpg

不登校の克服の仕方に「否定をしない」ということが挙げられます。
大人から見ると何でもないことでも、10代の子供にとっては自分自身に自信が無いという人が大半だと思います。ですから何気ない言葉でも、他人に自分を否定されたと思うと大人の想像以上に傷ついてしまいがちです。その言葉が親から出ているものだろうが、友達から出ているものだろうが、本人にしてみれば否定的な言葉というのは本当にもろいものだと思います。

10代の人からしてみて傷つく言葉というのは特に外見に関しての言葉かもしれません。例えば「その洋服ちょっと地味じゃない?」「ちょっと太った?」など大人からしてみたらたいしたこと無い言葉でも、敏感に反応してしまうのです。それで傷ついた心は親が「そんなことないよ。大丈夫だよ」と言っても全然効果がないほどです。

また、親と子供の世代では流行しているファッションに関しても考え方が違いますよね。親の世代ではピアスやタトゥーなどはとんでもないと思いますが、子供の世界にしてみたらそれが流行のファッションであり否定されたくないものなのです。
そういうことを真っ先に否定されてしまうと、自分自身を否定されたものだと思ってしまって傷ついてしまったり反抗してしまったりしてしまいます。

親の世代の方が子供のころの事を思い出してみてください。親に反対されてもそのとき流行っていたことってやりたくて仕方なかったですよね。それを反対されたらそんな親の気持ちなんて分かるはずもなかったですよね。

子供世代は自分の価値は本当に分からないので、外見から自信を持とうとしてしまいます。ですからこれに関して不登校になっているのであれば、まずは認めてあげること、否定しないことから初めてみてはいかがでしょうか。

インターネット自宅学習システム「e点ネット塾」
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:38 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。