総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



子どもの進路と地域

子どもの進路と地域
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

大手の全国展開している予備校とは違い、地元に密着した予備校もあります。
メリットは、規模も大きくないので、アットホームな雰囲気で生徒に対して面倒見が良いです。
また、講師が生徒との距離が近く、個人の学習状況と性格を把握しています。
生活面に一人ひとりアドバイスが出来ます。
一番評価されるのは地元の大学に対して分析に優れているところです。
地元大学の対策を考えれば評価の高い予備校もあります。
地元の予備校の中には3大予備校などの大手予備校と提携している場合もあります。
そういった予備校は地元密着型の予備校と大手の予備校の良い所を両方持ち合わせています。
ただ、模試について大手予備校の様にオリジナルの模試を行っているところもありますが、規模が小さい為に正確なデーターとは言えないようです。
そういった点から多くの地元予備校では3大予備校などの全国規模で行っている模試を取り入れています。
子どもの進路を真剣に思う親からすれば安心な事ばかりです。

デメリットになりますが、地元密着の予備校は全国規模にはならないので入試の分析が明確ではないです。
なので、地元の大学以外を目指している受験生には不利な面が多いかもしれません。
また講師が進学についての指導と授業を行うと講師の担当意外はどのように対応されているのかが疑問なところです。
たとえば、講師の担当が英語の場合に、生徒の苦手科目が別の科目で数学だった場合にはアドバイスはどの様にされるのでしょうか?
その都度の生徒に必要の無い英語のアドバイスしか出来ません。
そういった点は無駄な時間になってしまいます。

他には実際に学習意外での注意点としてあげるとすると、予備校が学校法人かどうかということです。
地元に密着している予備校には学校法人でない場合がありますので注意が必要です。
学校法人である場合のメリットは通学に関して公共交通機関で通学定期や学割扱いになります。
その逆で予備校が株式会社であった場合には通勤定期になります。
学割が利かないので金銭的な面ではデメリットでもありますね。

デメリットもある地元の予備校ですが、メリットもありますので、何が必要かを考えて予備校を選んでいただきたいです。

子どもの進路の先には金銭面から行き先に至るまできちんと考えないと後々後悔することも多いと思います。
良く考えて予備校を選ぶべきですね。

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:11 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担任としての対応

教育改革 ゆとり教育 学習障害
担任としての対応

学習障害を持つ子の担任となった場合、どのように対応すればよいでしょうか?

保護者が学習障害と認識していればいいのですが、していない場合は注意が必要です。
その疑いを感じたとしても、「あなたのお子さんは学習障害ですね?」などと言っては保護者の心情を害します。

まず学校での状況を話し、具体的にこういった場合でこのような行動を取るなどのリストを作っておくとよいでしょう。
保護者は受け入れられない方もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合は、ひとりで抱え込まずに他の先生方や校長先生などにも相談してみましょう。
また、資料などを集め、保護者と共に考えていきましょう。
専門家の指示を受けることも一つの手立てです。
まずは保護者の立場に立って、決して上から押さえつけるのではなく、寄り添って話し合いましょう。

その子供が学習障害である、ということが判明したら、どのように授業を進行していけばいいでしょうか?
学習障害の子の親は、自分の子が他の子と遅れないようにしてほしいという思いでしょう。
特別プログラムを作ってほしいという人も出てくるかもしれません。
しかし、担任の先生は多くの生徒を一度に教えています。
なかなか特別扱い、というわけにはいきません。
平等に、と言われる親御さんも出てくるかもしれません。

しかし、担任となったからには、学習障害の子に対しても同じように指導していく義務があります。
同じように、というのは語弊があるかもしれません。
全く同じではなく、その子に合ったやり方で教えていかねばなりません。
どのような生徒にも得手不得手はあります。
担任のクラス全員の子供に対して、対応するのが担任としての役目です。

そして、他の子供達に対しても、理解を図っていくことが大切です。
他の子は、「どうしてあの子はああなの?」などと思うかもしれません。
その場合、きちんと伝えていくのです。
子供は大人よりずっと柔軟です。
きちんと理解さえすれば、それを受け入れることができます。
ちゃんと伝えない場合にいじめなどが起こるのです。

担任が教えることは、学校の勉強だけではありません。
こういうことを教えていくのも大切な役割であり、他の子供の成長にも、そして担任自体の成長にも必ずつながるのです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:42 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

具体的な支援法(1)

教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 学習障害
具体的な支援法(1)

さて、学習障害の子供に、具体的にはどのように支援していったらよいのでしょうか?以下、具体的な支援法と考えられる例を挙げてみます。
話すことが困難である子に対しては、文を補充して行ってあげましょう。
子供が話した言葉を否定することはやめ、それを正すのではなく、補充してあげるという方法で文を教えていきましょう。
話すことを直されたのでは、話したい内容があるのに伝えられない子供はストレスがたまってしまいます。
焦ることなくゆっくりと少しずつ教えていきましょう。
聞くことが困難である子に対しては、言葉だけでなく視覚を用いましょう。絵や写真などを使って、わかりやすくしてあげましょう。
文字を使うこともよいでしょう。
聞こえやすいように、近くで話してあげて、周りの環境を静かにしてあげましょう。
読むことが困難である子に対しては、子供が関心を持ちそうな本を与えることにしましょう。
必ずしも教科書だけが読みを上達させるわけではありません。まずは関心の有無が重要なのです。
文字を拡大コピーしてあげることもいいかもしれません。指を指しながら読む方法などを教えていきましょう。
書くことが困難である子に対しては、できるだけ大きなマス目のノートを与えましょう。
最初は少しぐらいはみ出しても決して怒らないようにしましょう。
間違ってもいいから、とにかく書かせることです。
書くことには慣れも必要です。
計算が困難である子に対しては、わかりやすい絵にしてみたり、グラフにしてみたりしてみましょう。
九九を覚えるのが困難であったら、その表を置いて指差ししながらする方法でも構いません。
まずは数字の概念を正しく教えていきましょう。
場合によっては電卓を使うのも構わないのではないかと思います。
大人になってから、子供の頃に習った計算ができずに電卓を使う人はたくさんいるのですから。
以上の例に習って、他にもさまざまな方法を考えてみましょう。
学習障害の子の立場に立って、あまりストレスに感じない方法を考えていきましょう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【英語&外国語好きな人大集合!ネイティブスタッフと話せるホットなイベント
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:23 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てに対する助言

教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 子育て
子育てに対する助言

子育てと言うものはとかく不安が付きまといます。
それは当然のことです。
誰しも親になる可能性はあるものの、子供を持ってはじめて実感するからです。
全くまっさらな人生が、命が委ねられているのですから。
それを自分で考え、自分で決めねばなりません。
これは非常にストレスのかかる事態です。

そこで助言が欲しくなりますが、これはちょっと注意が要るのです。
例えば、自分の親に助言を得る場合です。
経験者の言葉は参考になることが多いものです。
ですが、それが当てにならない場合もある、ということなのです。
親世代は20年から30年前の常人間だ、ということです。
当時の常識が、今では非常識になってしまっていることもあるのです。
加えて「今の母親ときたら…」という否定的な言葉が付いてくることもあります。
下手をすれば助言を求めた事が、かえって不安を煽ったり、ストレスを感じてしまうことになってしまいます。

専門家に意見を求めることも必要でしょう。
殊に健康に関しては、お医者さんや、保育士さんに悩みや、子供の症状について意見を聞かねばならない時があります。
でも、彼らの意見は専門家の「立場」としてのものです。
これは頭においておくべきことです。
彼らはぶっちゃけ「放っとけば?」とは言えないのです。
それではすまないときは別にして、無難なことしか言いません。
軽い症状でもそれなりのことはいわねばならないのです。
育児書も同じようなものです。

子育てに正解はありえません。
親が違えば、子も違うのです。
助言を求めるのは、あくまで参考と言う心構えも必要です。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:32 | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。