総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



いじめに関する不登校

教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアル  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

いじめに関する不登校
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

不登校を解決する条件―中・高生を中心に

不登校を解決する条件―中・高生を中心に

  • 作者: 石川 瞭子
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


いじめという問題は昔からありましたが、それでも昔はクラスに1人はいじめから助けてくれるようなヒーローがいたものでした。
しかし、今ではいじめられている人を助けてしまうと今度は自分がいじめられると言ったような恐怖感にかられてしまい、結果的に長いものには巻かれろみたいな感じで見て見ぬふりをしている状態が多数あるといった現状がいじめ問題にはあるようです。

いじめと言うのは実に大変なことで、恐喝や暴力と言った目に見えるものから、無視や仲間はずれと言った目に見えにくいものまでさまざまあります。
それらが深刻化してくると、受け手は不登校になってしまったり、家庭内暴力を起こすようになったり、最悪は自殺までに発展してしまう危険性もあるのです。

いじめで子供が一番辛いと感じることは「孤独」だと思います。
周りは楽しそうなのに自分だけが仲間に入れてもらえない。自分が何をしたのだろう。というような悲しみと怒りが入り交じって孤独感が襲ってきたりするのではないかと思います。
自分のことを友だちも親も分かってくれない。という孤独感が辛いのだと思います。
それが原因で学校に行きたくない!といった不登校に繋がるのだと思います。

いじめが原因で不登校になってしまった場合、原因がいじめであると親が知ると、学校に押し掛けて捲し立てるといった行動に出る親がいますが、これは本当に要注意行動です。
親は子供がかわいいので良かれと思ってする行動なのですが、子供にとってはその行動をとったがために余計いじめられるのではないかという恐怖感に怯えてしまう可能性があります。
ですから不登校といじめの問題は慎重に物事を進めていくよう対処が必要なのです。

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)

  • 作者: 内藤 朝雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 新書



posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 08:17 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選抜クラスの基準


大学受験の総合情報サイト【入試対策コンテンツ】は無料会員登録♪
momobgyoko.JPG

子供の進路
選抜クラスの基準
中学受験 進学塾選び

予備校には志望校別のコースが設定しています。
そのコースとは東大理系コースや京大文系コースという風に大学の名前が付いています。
当然の様に受験生は入学したい大学のコースに入りたいものです。
しかし、それぞれのコースにいる生徒の大半は、実際に大学に合格するには成績が足りないなどの、厳しい成績の生徒が多いのが現実なのです。

難関大学であるコースに入る為には前もってクラスの授業に合わせられるかと見極める為に選抜の試験があります。
ここで注目したいのは予備校側としては選抜のクラスに入れなかった人に重点を置くことになります。
クラスに入れなかった人が他の予備校へ変更してしまうということを経営上避けたいからです。
その為にコースに入れる基準が低く設定されている訳です。

中には模試結果に沿って選抜クラス入学認定書などが自宅に届くのです。
これも実際には基準が甘いです。
予備校の人集めになってしまいます。
ここでしっかり子どもの進路の為の方法を見つけて欲しいです。

選抜コースと言っても、本当に成績があっているのと疑いたくなる人は沢山います。
ですから合格実績にしてみると、厳しい結果になります。
いくらやっても基礎的な学力と応用力を不足している人には合格は無理です。
ただ、本人と子どもの進路を真剣に考えている保護者にはわからない事実なのです。
成績が本来の基準に達していないと気がつく前に1年後には東大に合格していることしか頭にないのです。
もしくは、コースに入ったからにはお金を払っているから合格させてもらいたいという無理なお願いになってしまいます。
自分である程度の土台を作って自分の力を把握することです。

例外ももちろんあります。
絶対に無理だと思っていた成績の人が国立大学の様に難関校は合格する人もいます。
でも、それは本人のやる気です。
絶対に合格したいという強い気持ちで打ち勝ったのです。
予備校の合格に対する良い環境作りも大切ですが、一番大切なのは本人のやる気。

合格する大学受験計画 (知的生きかた文庫)

合格する大学受験計画 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 和田 秀樹
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 文庫






posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:24 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの進路に少しでも





momobgyoko.JPG

子どもの進路に少しでも
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

授業料を安くする方法があれば保護者としては素直に助かると思います。
大学受験する為の三大予備校費用は大体ですが入学金と授業料と合わせて70万円くらいになります。
単純に予備校に通った為に希望する難関大学に合格できて、学歴というものを手に入れることが叶ったのであれば70万円は安いと感じる人もいるでしょう。
しかし、年収が700万円前後の家庭からすれば家計の10%になります。決して安いとは言えなくなります。
子どもの進路を考えている親の中でも家計状況も様々です。

同じ70万円でも物を買うのと予備校に払うことは断然違いがあります。
予備校に入ったからといい、必ず希望の大学に合格する保障などないのです。
そう考えると高いと考えるのは普通ではないでしょうか?
そこで少しでも安く予備校通いが出来る方法はないかと思います。

河合塾
高校生の時から河合塾に通っていた人と2浪まで本科生に通っていた人に関しては入塾金免除があります。
後は3年生になって模試を受けた人と講習会、インターネット会員またその年度の入塾説明会に参加した人には5万円の免除があります。
その他で本科コース入塾後に成績が優秀で出席状況も良く塾生の模範生となる様な生徒に対して授業料の免除があります。
年2回の選考があり最もグレードの高い人で授業料の半分が免除になります。
この2回の選考で両方ともクリアすれば、1年間の授業料が無料となります。
低いグレードの免除率でも20%の入塾金の授与になります。

代々木ゼミナール
3年生で受験した代々木ゼミナールの模試結果やセンター試験の自己採点の組み合わせで減額率が変わります。
授業料100%減額から80%、50%、30%、20%と減額が変わり、それぞれに10万円の入塾金が免除になります。

この様に河合塾へ入塾後の成績で授業料の減額になり入学しないと決まらないのですが、代々木ゼミナールは入塾前に減額された中での入塾手続きになるのでメリットになります。
また代々木ゼミナールでは指定している優秀高校に通学している生徒と模試で東大、京大、医大を志望校に書いている成績優秀者にはゴールドメイト生という特別な制度があります。
優秀な生徒を早い時期から確保したいという考えで行っています。
講習会の受講料が無料、模試の受験料が無料になることが多い制度になります。

お金のことは子どもの進路の為にしても安くはない高額なものです。
少しでも安くなると嬉しいですね。

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集



posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:14 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個別指導は子どもの進路に適切か





momobgyoko.JPG

個別指導は子どもの進路に適切か
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

子どもの進路を考える親も子供も予備校に通う人の中で、どのような予備校が理想的かと質問すると、面倒を見てくれる予備校が人気です。
そんな理想に答えたのが個別指導塾の形だと思います。
マスプロ授業をしている予備校は売上も下がり気味という中で、個別指導塾は売上が大きく上昇している様です。
この様に明暗を分けた結果となっています。
今の生徒は手厚い指導での授業を求めています。
個別指導というくらいなので、一人ひとりの要望を100%応えることを求められているので、塾側としては大変です。
それでも、生徒は子どもの進路を真剣に考えている人達には満足感も高いものになります。
そんなところから、個別指導塾のメリットが沢山出てきます。

予備校に通っていると予備校が作ったカリキュラムを進んでいかないといけないのですが、個別指導だと苦手な分野も集中的に取り組むことが可能です。
苦手も得意も同じ時間だけ勉強しても効率が良いとは言えない。
受験生にとって時間は大切です。
有効な時間の使い方の出来る個別指導はとっても魅力です。
個別指導では、本人の成績を伸ばしたい所に重点をおいて受講できるので、やらないといけないという状況に追い込まれていきます。
個別での指導なら気分的にサボるなんてことも出来ませんし、成績を伸ばしたい人、きっちりと苦手科目を克服したい人には良いです。
万が一講師と相性が合わなくても、予備校に変更を申し出れば変えてくれるところが多いので、高額なお金を払っているわけなので遠慮せずに変更をお願いすると良いです。

今の生徒のニーズに100%応えてくれる個別指導でもデメリットもあります。
料金設定が高いのが一番のデメリットですね。
予備校側からすれば、大きな教室に出来るだけ多くの生徒が集まってその全員の授業が1度で終わるのであれば、効率が良いです。
金額だって変わってきます。
しかし、この多くの生徒に対して一人ひとりになれば効率が悪いのは一目瞭然講師の負担は大きくなるだけです。
そうした点から考慮してもある程度の金額は、上乗せされているのです。
また、受験に必要な科目を全て受講するのは難しいです。
センター試験を受験する為に全教科となれば7から8教科あり、費用も負担が大きいです。
子どもの進路をどこまで費用と組めるかなど保護者の負担も大きいわけです。
指導員にアルバイトの学生しか使っていない個別指導塾もありますので、要注意してください。
教え方の違いはあるのはもちろんですが、他にも所詮アルバイトですので生徒第一優先という発想がないようです。

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 12:07 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。