総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



ニートの政策

ニートの政策
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

社会問題となっているニートの増加に対し、日本では国をあげてさまざまな政策を行っています。
その一つが企業の再チャレンジ制度の推進です。再チャレンジとは中途採用のことで、国ではニートの再チャレンジに協力的な民間企業に対して、税制上の優遇措置や表彰制度が検討されています。
しかしニートを積極的に採用する企業はまだ少なく、ニートの社会復帰は厳しいのが現実です。そこで民間企業に先駆けて、国家公務員試験では再チャレンジ制度が導入されました。これはニートに国家公務員の門戸を開き、社会復帰のチャンスを与えようというものです。この制度にはこれまで大勢のニートが応募していますが、応募者に対して採用枠が少ないため、相当狭き門となっています。
また、近年では全国で若者自立塾が設立されています。これもニートが若者らしい意欲を取り戻すために厚生労働省が始めた政策です。
内容は3か月以内の合宿形式による集団生活の中で、資格取得のための学習や職場体験などの労働体験を行います。
平成17年から始まったこの事業は、卒塾生の就業や進学においてある程度の成果を出していますが、まだ多くの課題が残されている政策です。
さらに文部科学省でもニートに対する政策を行っています。
文部科学省ではニートになる前に予防することに重点を置き、中学校を中心に卒業前に5日間ほど、地元の店や保育所などで職場体験をさせ、予防授業を行うことなどを推進しています。
また既にニートである人やその保護者を対象に、職業教育や学習支援などの「学び直し」の機会を提供しています。

元進路指導教諭だから分かる真実があります。
「入れる大学」から「行きたい大学」へ!
偏差値40からの大逆転!
知りたい方はいますぐ
こちら!をクリックしてください!

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:28 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートと就職難

ニートと就職難
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

ニートは就職難と深い関係があります。
日本では1986年から1991年頃にバブルと呼ばれる時代がありました。日本の景気は絶頂期で、企業では事業拡大のために大量に学生を採用し、就職はそれまでにないほどの売り手市場でした。
しかしその後バブルが崩壊し、景気は急激に悪化しました。企業は新卒の採用を控え、「就職氷河期」と呼ばれるようになりました。
特に1995年、1996年では「就職氷河期」のピークであり、採用を見合わせる企業が多く現れ、学生の就職活動はとても厳しいものとなりました。
希望の企業や業界に就職できなかった学生がほとんどで、やむを得ず希望していない業界に就職したり、就職浪人になったり、進学するなどの道を選ぶことになりました。
就職をする機会に恵まれずに、やむを得ずニートやフリーターになる若者も急増したのでした。
その後1997年からは景気は緩やかに回復し、就職は売り手市場となりましたが、2000年から2002年頃には再び就職難が訪れています。
このような時代を経て、若者の就職に対する意識も変わり、一旦就職しても数年で辞めてしまう若者や、働く意欲のないニートが増加したと考えられます。さらに新卒しか採用しない企業が存在することもニートの増加の要因の一つです。
ニートは否定的に見られがちですが、運悪く就職難の時期に就職活動をしなければならなかった若者に対して、個人や家庭だけを責められないのです。
現在もまた世界的な景気の悪化により、就職難が訪れています。社会や企業の努力によって、ニートになる若者を増やさないことが求められます。


posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 15:19 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートとフリーター

ニートとフリーター
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

近年、ニートという言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、ニートと似ている言葉にフリーターがあります。
フリーターとは正社員として就労しておらず、アルバイトやパートによって生計を立てている若者のことをいいます。本職がアルバイトやパートの人だけを指し、学生業のかたわらアルバイトをしている人や、主婦でパートをしている人はフリーターに含まれません。
これに対してニートは働く意欲の全くない若者をいいます。全く異なるこの2つですが、場合によっては混同されて扱われているのが実情です。
現在フリーターの数は200万人を超えると言われています。またニートの数も80万人を超えると言われています。こういった若者に対して、「定職につかずにぶらぶらしている今時の若者」と批判的な見方をする人も多くいます。
フリーターという言葉は使われるようになって20年以上が立ちました。バブル時代には就職先はあるが「自由」のために就職しない若者をイメージしたものです。しかし今では社会的保障のない不安定な身分というイメージが強くなっています。
フリーターになった理由は、就職難でやむを得ずという場合や、やりたいことがあるなど、人によってさまざまです。
最近ではフリーターがそのまま年を重ねた年長フリーターも増えています。
ニートやフリーターの増加は近年の社会問題の一つとして考えられ、政府においてもフリーターやニートへの就職支援などの対策を急いでいます。

生きがいの教室―人生の意味を問う「生きがい教育」のすすめ

生きがいの教室―人生の意味を問う「生きがい教育」のすすめ

  • 作者: 飯田 史彦
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2004/03/23
  • メディア: 単行本




お祝い金がもらえるアルバイト・パート探しは「くるくるバイト」!
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:20 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの進路を考えた時

子どもの進路を考えた時
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策
旺文社 学習用電子辞書 OC-1204-G (英検/大学受験対応機種)子どもの進路には通信衛星授業という選択もあります。
大手の予備校には通信衛星によって授業を行っています。
その予備校によっても通信衛星授業には差があります。
コンテンツの充実から利用のサービス面で差が出ているようです。
代々木ゼミナールと東進ハイスクールでは通信衛星による授業を積極的に行っています。
代々木ゼミナールではサテラインという名で行っています。
代々木校での授業を生中継か録画で全国の各校もしくは地方の塾、高校へ配信しています。
また、その通信衛星での授業を個別ブースなどで自分の都合に合わせて受講できるフレックス・サテラインというものあります。
以前、個別ブースで、ビデオで再生して見るという感じでしたが、今はオンデマンドでパスワード入力システムになっていますので進化しています。
東進ハイスクールでは、スタジオ収録して全国の塾、高校への販売になります。
全国の塾に東進衛星予備校として個別ブースで受講できる様に提供しています。

東進ハイスクールは、代々木ゼミナールから看板である講師を引き抜くと同時に、通信衛星授業に関しても入手しているようです。
そういったことにより、子どもの進路に重要でもあるので、受験生は代々木ゼミナールから東進ハイスクールへ動いた講師を目的に東進ハイスクールへ通う人も多いです。

河合塾は生授業に重点を置いていますが、実は代々木ゼミナールよにも早く通信衛星授業を取り入れていました。
ただ、NTTレンタク回線での授業だったので、チャンネル数も少なくて代々木ゼミナールや東進ハイスクールに比べると劣っているものになりました。
塾などへ配信もやっているのですが、契約数は圧倒的に少ないようです。
しかし、高校には評価は高くて高校では採用も多く取れているので、代々木ゼミナールと競っています。
授業の形態はスタジオでの収録になります。
コンピューターグラフィックスを用いて、実験の様子も流しています。
教室では実験は出来ないので、工夫も凝らしてあってわかりやすいということで好評です。
河合塾はいつでもサテライト講座という名で個別ブースにてDVD受講も出来ます。
通信衛星授業に関してどこの予備校が良い悪いはそんなにたいしたことではなかったりします。
それよりもサービス面での差があります。
そんな検討もあるのではないかと思います。
共通のメリットとしては自分の都合に合わせて受講できるという点ではないでしょうか?




posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 12:22 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丸投げされる「学校」

丸投げされる「学校」

こんな学校に 誰がした!
この一冊で今の日本の教育がズバリわかる

丸投げされる学校

丸投げされる学校

  • 作者: 石井 昌浩
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2009/07/02
  • メディア: 単行本



「ここまできたのか」と思うほどに教育荒廃は進んでいる。
いつから日本はこんなに情けない国になってしまったのだろうか。私たち日本人はどこかで勘違いをしてきたのだ。
(本文より)

教育の“いま”
教員採用汚職、高校入試事件、若者の凶悪犯罪、小学校校内暴力、道徳を教えない道徳授業・・・
教育の“いままで”
GHQの占領統治、日教組結成、「ゆとり教育」の失敗・・・
教育の“これから”
教育基本法改正、学力世界一フィンランドの秘密、品川区・世田谷区の教育改革・・・

数字で読む日本
あっと驚く50の統計数字から、日本の現状が一目瞭然、よくわかる!

数字で読む日本 (扶桑社新書)

数字で読む日本 (扶桑社新書)

  • 作者: 川上 和久
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 新書



大人も子供も、学校でも家庭でも、楽しく読めて、日本のすべてがわかる50のQ&A
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:07 | Comment(0) | 丸投げされる学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートと家事手伝い


ニートと家事手伝い
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策


ニート (角川文庫)

ニート (角川文庫)

  • 作者: 絲山 秋子
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫




ニートと区別が難しいものに家事手伝いがあります。
家事手伝いとは本来、親に代わって一家の家事全般を担っているとか、家族経営の事業を手伝っている、家族の介護や幼い兄弟の養育をしていることを意味するものです。
ニートと家事手伝い≫続きを読む
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:19 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。