総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



好き勝手させない事が不登校克服につながる




中間試験や期末試験対策にも最適  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

好き勝手させない事が不登校克服につながる
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

不登校の解法―家族のシステムとは何か (文芸新書)

不登校の解法―家族のシステムとは何か (文芸新書)

  • 作者: 団 士郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


不登校を克服させるのは本当に難しいことだと思います。
しかし、親はどんなことをしてでも子供を守りたいと思うものだと思います。

不登校を克服するためにルールを押し付けないと言うのももちろん大切ですが、家庭内におけるルールと言うのは子供に好き勝手させないため、子供の将来を願ってのためなど愛情があるからこそのルール設定なのだと思います。

ルールと言うのは厳しすぎても反発してしまうし、ゆるすぎても親の言うことなど聞かなくてもいいという甘えが生じてしまいます。ですから適度にルールが不登校の克服には必要ということになります。

ルールがなく、好き勝手、自分勝手に育った子供は相手の気持ちと言うのがわからない子供になってしまいます。不登校も別に好きでやっているのだから文句を言うなみたいな感じになってしまうかもしれません。親の愛情が伝わらなくなってしまうのです。

ルールがある程度ある家庭で育ち、不登校になってしまった場合などは、親の愛情を聞き入れることも可能だと思いますし、突破口も見つかりやすいのではないかと思います。

不登校克服にためにも最低限のルールと言うのは必要なのです。

とは言ってもこれだけではなかなか不登校を克服することは難しいと思います。そういった場合は不登校を支援するサポート校という場所がありますので、そこでリハビリがてらに学ばせていくのもいい方法だと思います。

ただし、このサポート校と言うのは卒業の資格までは取得することが難しいので、他に通信や定時制など資格が取得できる機関に所属する必要があるのです。

格差社会と教育改革 (岩波ブックレット)

格差社会と教育改革 (岩波ブックレット)

  • 作者: 苅谷 剛彦
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本




posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 12:55 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。