総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校や登校拒否について

不登校や登校拒否をしたことがあるという人の中には長い人では小学生から不登校になってしまった方がいたり、だいたいの人の場合は中学に入ってから不登校になってしまった方がいたりと、結構幼いうちに不登校になってしまった場合が多いです。

不登校や登校拒否になる原因やきっかけというのは、本当に様々だと思います。人間関係がうまく築けない生徒、勉強についていけなくなって学校に行きたくなくなった生徒、いじめにあってしまって学校に行けなくなってしまった生徒、家の期待が大きすぎて学校に行けなくなってしまった生徒など本当に不登校の生徒の数だけ理由があると言ってもいいくらいだと思います。

そういう生徒を大人から見てみたら、「だらしない」「怠けている」「家庭内に問題があるからだ」「学校がちゃんと見てくれないから」とか言われていたようです。

生徒や、親はそういう批判を世間から浴びている中、自分の子供が不登校であることを認めたくないばかりに無理やり学校へ連れて行ったり、学校を避難したりしていたようですがかえって逆効果になり不登校はますます深刻化していったようです。

しかし、最近ではそういった不登校や登校拒否に対する理解も関心も高まってきているせいもあるのか、学校での対策も色々出てくるようになりました。例えば「保健室登校」や「適応指導教室」のようなものを学校内に設けて、生徒に対応していくようにしたり、学校の外では「フリースクール」や「山村留学」と言った様な施設もたくさん出来てきたりしているために、支援のされ方も幅広くなってきているようです。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。