総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校の生徒に対する対応

「不登校」や「登校拒否」をしている生徒に関してですが、なんとかしてあげたいと思うのが親や先生の考え方だと思うのですが、対処方法に関してはマニュアルと言うのは無く、不登校の生徒の数だけ対処方法があると思ってもらってもいいと思います。

例えば、絡まってしまった糸を人間関係に例えてみたいと思います。絡まってしまった糸を引っ張ったり、無理やりほどこうとしたりして悪戦苦闘しても、さらに糸は絡まってしまってほどけなくなっていく一方です。
でも糸は物ですので、切って繋ぎ直せば絡まり自体はなくなります。

しかし、人間関係は簡単に切ってしまうと言うことができません。切ってしまってもその部分(わだかまり)が残ってしまうのです。
あまり、例えがよくなかったかもしれませんが、絡まりはゆっくりじっくり時間をかけてほどいていくのがいいのです。

ですからまずは「待つこと」から始めてみてはいかがでしょうか。黙って、じっくり待って子供の方から歩み寄ってくるのを待ってみればいいのです。
そうすることで、徐々に絡まった糸もほどけてくると思いますよ。
しかし、親側はその間心配で仕方ないかと思いますのでカウンセラーや学校の先生がたと連携をとっておくようにすればいいと思います。

不登校を改善させるには少しずつ焦らずに絡まった糸をほどいていき、子供の不登校の原因となる事を分かってあげて、適切な対応をして行くことが改善への近道になるのではないかと思います。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。