総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



病気が不登校の原因な場合

精神的な病気がきっかけとなり不登校になってしまったケースについてですが、心療内科などでは焦らずにゆっくりと行きましょうと言われるケースが多いですが、学校にも親としては行かせたいですよね。

こういったケースの場合はどうすればいいのでしょうか。

まず心の病気と言うのは他人には理解しがたいものだと思います。きちんと理解してないとただのわがままにうつってしまったりしてもっと悪い事態になってしまう可能性があります。

心の病気は本人が登校したくても、できないというケースが少なくないのです。ですから学校の先生とよく話し合いをした上で良い解決方法を探していくのがいいと思います。

児童というのは小中学校の9年間は義務教育期間になりますので、休まずに学校に行かなければなりませんが、この位の時期の子供は体が大きくなり、心は子供のままという精神的、肉体的にアンバランスになり情緒が不安定になってしまう可能性があります。

もし、心の病気を克服し、学校に行けるようにまで回復しても、勉強についていけるのか、友達ともうまくやれるのか心配になると思います。でも大丈夫!やる気になってしまえば遅れは自分の力でも、友達の力を借りても取り返しはききます。また、学校の先生からもフォローが入ると思いますので安心して登校しましょう。

何がきっかけになって登校できるようになるかなんて誰にもわかりません。ですから長い目で見守ってあげることが大切なのです。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。