総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校の原因が家庭内にある場合

例えば母子家庭において、母親が生活のために夜の仕事をしていて、生活リズムが狂ってしまうと子供も合わせてリズムが狂ってしまい不登校になってしまうケースがあります。

こういったケースはまずお母さんの努力が必要になります。夜の仕事をしなければ生活していけないことや、子供は学校に行って勉強しなければならないことなどきちんと話し合い、子供を納得させなければいけません。
しかし、生活リズムが狂っていることから改善していかなければならないので、子供とルールを作りひとつずつ守らせていくようにしましょう。

では下記にどういったルールを作っていけばいいのか例を挙げてみたいと思います。
まずは就寝時間を決めるようにしましょう。例えば日付が変わるまでに布団に入るとか決めてみるのもいいと思います。
決めたら放っておかず必ずできたか聞いてあげるようにしましょう。

次に起床時間を決めましょう。学校にいく何時間前に起こすとか決めてみましょう。このときケンカになってもいいと覚悟をして起こすようにしてみましょう。

また、食事の時間など生活リズムが整えやすいようにしていきましょう。

家での対応だけでは限界があると思います。
もし学校に少しでも行くようになったら学校の協力もあおぐようにしてみましょう。

こうやって徐々にリズムを整えていくことにより、不登校を改善させていくことができるのではないかと思います。そのためには、親の協力というのは絶対的に必要なのです。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。