総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校の原因と対処

不登校の原因になるものとしては、友人関係の問題・教師との関係の問題・勉強に関することなどにより学校生活における問題が原因である場合、病気や欠席をしてしまい学校に行きづらくなってしまうと言ったような本人の問題が原因である場合、離婚などで家庭環境が急激に変わって家庭内不和・親子間における問題など家庭の問題が原因である場合などの3パターンに大きく分けられると思います。

どれかひとつが原因であるより、何パターンか組み合って不登校に陥ってしまうケースの方が多い傾向にあるようです。

では、不登校になってしまった場合、親や先生などの大人はどう対処していったらいいのでしょうか。
まずは子供の意見をよく聞き、理解をきちんと示してあげるようにしましょう。
話を聞いてあげることで根本的な原因が分かってきて、解決への糸口がつかめる可能性があります。
親は家の中だけで解決しようとせず、担任や学校となるべく情報交換をしたりしてコミュニケーションをはかるようにしましょう。

もし、子供が他にやりたいことがあるのだとしたら積極的に支援してあげ、なるべく社会との関わりを持たせてあげることも大切です。

また、必要であればカウンセリングや心療内科に出向き、家族全員で取り組むようにしましょう。

それがなんとなく気が引ける場合は、各都道府県に教育相談所などを設けていますのでそこに相談するのもいいと思います。

不登校になってしまったら、腫れ物をさわるみたいな扱いはしないで改善に導いていけるようさまざまな努力をしていきましょう。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。