総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校を克服できるようにしよう

小学生などの小さいお子さんに起こってしまう不登校の場合ですが、不登校になってしまったからと言って親の方が嘆いてばかりもいられません。

子供の心の中の不安に向き合う努力、不登校を改善していく努力が必要なのです。
そのためには家庭内でいろんな会話をするようにしましょう。ところどころ学校を話題に出すのもいいと思います。
ちょっと話ができるようになったら、一緒に学校の門まで行ってタッチして帰ってくるなどちょっとゲーム性を持たせてもいいですよね。

何かしら学校に関して親と子供にとっての共通の話題ができれば同調も得られやすいでしょう。

また、ある学校では学校に慣れてもらうために親と一緒に授業を受けたり、給食だけ一緒にしたりなど工夫をしている学校もあるようです。

また、どうしても学校に行けないという場合でも学校との関わりを断たせないために友だちに宿題を持ってきてもらうなどもいい方法だと思います。

もし、友だち関係に原因があって不登校になっている場合でも、お母さんが友だち達と接することで、安心感が生まれるかもしれません。

そうこうしているうちに、子供が自分から学校の不満を口に出し始めるかもしれません。このとき子供の話を否定しないでください。同調して聞き入れてあげてください。自分の意見を認めてくれると思うと心を開いてくれやすくなるものです。
そうすることにより自ら頑張ろうとする意志が生まれてくるかもしれません。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。