総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校対応の落とし穴

不登校になってしまうきっかけや、克服するきっかけと言うのはどこに転がっているのか分かりません。

例えばちょっと不登校気味だった子どもが、夏休みが開けたと同時に普通に学校に通えるようになっていたり、通うタイミングを逃してしまったために休み続ける結果になってしまったりする子どもがたくさんいます。

こうなってしまうと子供本人もどうしていいのか分からなくなってしまいますし、親もショックを受けるケースが多く、どうしていいのか分からずに友だちに相談してみたりネットや本で調べてみたりしてしまう場合が多いです。

それで多い対処方法が「子供を見守る」ということです。子どもが自主的に話すようになるまで待つとか、様子をまずは黙って見てみるとかアドバイスがあったのでそうしてみたという方が多いようです。

上記のような方法は安全に優しく事態が収まるのを待つような感じで一見安全策のように感じられるかもしれません。
しかし、早いうちに手を打たなければとか緊急に改善したいという気持ちが親にある場合にはなかなか不向きな対応策なのではないかと思います。

不登校が長引いてしまうと、学校に復帰しづらくなります。それに不登校で休んでいる本人も不登校している理由が、元の問題から学校に戻りづらいという理由に差し代わってしまうのです。

理由を探っているうちに理由が変わってしまうと言うのは、さらに不登校が長引いてしまう結果になってしまいます。対応策をひとつ間違えてしまうと別の問題が出てくる。本当に難しいものです。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。