総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



心身症タイプの不登校に対するアドバイス

ここでは不登校の中でも心身症タイプの不登校に対してのアドバイスをしてみたいと思います。

心身症というのは自分に言いたいことがあってもなかなか言えない・言い出せないというストレスを抱えている場合が多いです。
ですから少し緊張感など弱冠のストレスを与えても話ができるように、会話の主導権を握らせてあげることが改善へ繋がる行為ではないかと思います。
心身症を患っている子供の主導権で、自由なペースでしゃべらせてあげると徐々に気持ち的にも楽になり話もできるようになってくるのではないでしょうか。これが安心感を生むのではないかと思います。

このとき親や先生など、大人は聞き役に徹するということが大切です。
相づちをうってあげ、おうむ返しをして話に同調してあげるのも効果的なのです。

最初は難しいかもしれませんが、続けていくうちに感情に関する言葉が出てくるようになればしめたものです。どんどん発散させるようにしましょう。

また、自分の持っている性格を認識させ、認めてあげるのも効果的です。
心身症タイプの子は自分のこんな態度は嫌われてしまうかもなどと考えてしまう場合があります。
でもその態度に対して大人が認めてあげることで、その子供も安心して話ができるようになってきます。

最初からうまくいくとは思いませんが、親や先生、友だちに対して自分らしく振る舞えるように自信がついてきたら不登校も徐々に改善されていくのではないかと思います。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。