総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



いじめに関する不登校

教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアル  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

いじめに関する不登校
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

不登校を解決する条件―中・高生を中心に

不登校を解決する条件―中・高生を中心に

  • 作者: 石川 瞭子
  • 出版社/メーカー: 青弓社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


いじめという問題は昔からありましたが、それでも昔はクラスに1人はいじめから助けてくれるようなヒーローがいたものでした。
しかし、今ではいじめられている人を助けてしまうと今度は自分がいじめられると言ったような恐怖感にかられてしまい、結果的に長いものには巻かれろみたいな感じで見て見ぬふりをしている状態が多数あるといった現状がいじめ問題にはあるようです。

いじめと言うのは実に大変なことで、恐喝や暴力と言った目に見えるものから、無視や仲間はずれと言った目に見えにくいものまでさまざまあります。
それらが深刻化してくると、受け手は不登校になってしまったり、家庭内暴力を起こすようになったり、最悪は自殺までに発展してしまう危険性もあるのです。

いじめで子供が一番辛いと感じることは「孤独」だと思います。
周りは楽しそうなのに自分だけが仲間に入れてもらえない。自分が何をしたのだろう。というような悲しみと怒りが入り交じって孤独感が襲ってきたりするのではないかと思います。
自分のことを友だちも親も分かってくれない。という孤独感が辛いのだと思います。
それが原因で学校に行きたくない!といった不登校に繋がるのだと思います。

いじめが原因で不登校になってしまった場合、原因がいじめであると親が知ると、学校に押し掛けて捲し立てるといった行動に出る親がいますが、これは本当に要注意行動です。
親は子供がかわいいので良かれと思ってする行動なのですが、子供にとってはその行動をとったがために余計いじめられるのではないかという恐怖感に怯えてしまう可能性があります。
ですから不登校といじめの問題は慎重に物事を進めていくよう対処が必要なのです。

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)

いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)

  • 作者: 内藤 朝雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/03/19
  • メディア: 新書



posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 08:17 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。