総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



不登校の中でも明るい不登校

100%最短最速で受験に受かる成功法則   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG


不登校の中でも明るい不登校
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

受けてみたフィンランドの教育

受けてみたフィンランドの教育

  • 作者: 実川 真由
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本


ここ近年、「明るい不登校」というケースが増えてきているといいます。いったい何が明るいのかというと、不登校のころの最初は誰とも口をきかなかったり部屋にこもりっきりだったりして引きこもりっぽかったのですが、最近ではテレビを見たり、おしゃべりもしたりしてはたから見ている分にはいたって普通というパターンだそうです。

こういうパターンにはどういうことが隠れているかというと、不登校が始まったころは親も先生も何が原因なのだろうと必死になって探ったりして、子供に聞くたびに嫌な顔をされたりして(特に学校の話になると嫌な顔になる)たのだが、そのうち気を使ってなのか何も言わなくなると段々雑談位はできるようになってきて話ができるようになってくるという感じのケースが多いようです。

ここ近年ではこういった不登校に対する対応策として「じっくり待ちましょう」「本人の意思を尊重しましょう」というような対応策が多かったようです。しかしそれでは子供が本題から逃げているのを黙認しているだけのような気もしないでもありません。肝心な話題を避けて、差しさわりないことだけを話すのでいつしか放置状態になってしまい。結果的に不登校が長期化してしまう結果になってしまう場合があります。

明るい不登校の裏には悲しみや怒りが隠れているかもしれません。これを外に出さない限りは本当の改善に繋がらないかもしれません。明るいからと言って安心しないようにすることが大切です。



 
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 14:34 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。