総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



失敗を繰り返させないことが不登校改善につながる


親は我が子のことを積極的で明るくて勉強でもスポーツでも何でもできて自慢の子供と言うように思いたいものだと思います。ましてや自分の子が不登校になるなどとたぶん考えもしないことだと思います。


しかし、そううまくはいかないものです。位置情報子供は何かに一度失敗してしまうと、少し消極的になり、それが二度、三度と続いてしまうと「もうダメだ」「自分には無理なのだ」と自己否定までいってしまうケースがあるほどデリケートです。

なんだそんなことと思うでしょうが、大人にとってたいしたことがないことでも子供にとったら重大事件になってしまうことも多いのです。傷つく分余計に自己否定してしまいたくなります。

こうなってしまうと、その失敗してしまった事に対してもうやる気も何も起こらなくなり、どうせやっても無駄だからという否定的な考えが生まれてきてしまうのです。

そういった場合は大人が、親が、違った方法を指し示してあげましょう。成功するための方法は一つではないのです。方法を変えればうまくいくかもしれません。

不登校に関することも同じです。一度ダメでも違ったやり方があります。こういう方法もあるよと位置情報アドバイスしてあげるのも大人のやり方です。

時には励まし、時には厳しくして歩むべき道に向かって一緒にやっていくことが大切です。
注意が必要なのは決して同じ失敗は繰り返させないと言うことと、失敗を責めてはいけないと言うことですので心に留めといてください。

食育講座を学ぶならここ

一から始める食育通信講座。

家族の健康は自分が守る。

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 12:12 | Comment(0) | 失敗を繰り返させないことが不登校改善につながる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。