総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



学習障害の診断基準

教育改革破綻ゆとり 教育の愚策 学習障害
学習障害の診断基準

学習障害の診断とはどのようにされるのでしょう?その診断基準はどのようなものでしょう?
学習障害の診断は、専門家の元によって行われます。まずは家庭や学校での情報を集めます。
病歴や、その生育過程、行動などをできるだけ詳しく伝えることが好ましいでしょう。
内容について、学習障害の疑いが見られれば、知能検査を行います。知能検査は、WISCがよく使われます。
そこで学習障害が推定された時は、以下の検査を行います。
PRS
K〜ABC 心理教育アセスメントバッテリー
ITPA 言語学習能力診断検査

PRSとは、行動や学習を調べるスクリーニングテストです。
K?ABC 心理教育アセスメントバッテリーとは、子供への課題を与え、その解決法を調べる検査です。
ITPA 言語学習能力診断検査とは、子供が課題を他の人にどう伝えるのかを調べる検査で、コミュニケーションをどのようにとるのかを調べる検査です。
それらの検査をすることにより、学習障害である、と判断されます。
これらの検査は、学習障害である子を排除するためにあるものではありません。学習障害ということを知ることにより、親や先生をはじめ、周りの人々がその対応を考える原点にもなります。
「なぜあなたはできないの?」と子供のことを責め続けるのではなく、学習障害であるからなのだ、と受け入れることから始まります。
どうしたらその子にとってうまくできるのかを導き出したり、一緒に考えたりするように、まず周りが変わる必要がある、ということを認識させる手立てでもあります。
検査の数値で示されることにより、親は「そんなはずは・・・。」と受け入れを拒否できず受け入れる状況を作り出すのです。
これらは必ず専門家の手によって行われなければなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:08 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。