総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



子どもの進路に対して思う事

100%最短最速で受験に受かる成功法則


子どもの進路に対して思う事

予備校に行っている人は読まないでください

予備校に行っている人は読まないでください

  • 作者: 林 尚弘
  • 出版社/メーカー: ミヤオビパブリッシング
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 単行本


予備校に子どもの進路を任せる為に親が必要としているのは面倒見の良さという面が一番であります。
予備校のフォロー体制を比較すると良いでしょう。
予備校側も消費者が必要としているものは承知しているので、向上を求めてフォロー体制の強化を実施しています。
面倒見の良いという予備校は、講師が生徒の質問に答えられます。また、その体制をきちんと取れるかという面です。
それでも、講師に質問できない生徒も中にはいます。
もしくは、わからないことを講師に知られたくないという思いから質問が出来ない人もいます。
そんな人の為に最近では講師よりももっと生徒に近い存在になれる大学生を相談役として配置している予備校もあります。
こうして質問に応じてくれる体制を携えている予備校は良いです。
受験の関しての質問はそれに関係している人でないとわからないのです。
質問事項を整理して行かないと怒る講師も中にはいるらしいです。
でも、学生の指導員だとそんな気もそんなに使わずに気軽に質問へ行けます。
どうしても、わからないことは誰にだって発生するものです、だからこそそれを一緒に解決してくれる人がいると心強いですね。
それにもデメリットもあります。
大学生なので、やはり予備校でのアルバイトより自分の生活の方が優先になってしまうこともあります。
質問したい時に出勤でなかったりもします。
この辺のことは子どもの進路を考えている親には不満でしょう。
どちらが良いのかわかりません。
質問も何をどう質問して何を知りたいのかをきちんと把握している人は講師のアドバイスの方が確実の様に思います。
質問があると言っても何を質問したいのかさえもわかっていない場合には、学生の指導員の方が、話がしやすいのでしょう。
新 大学受験案内 夢をかなえる168大学〈2010年度版〉 (東進ブックス)

新 大学受験案内 夢をかなえる168大学〈2010年度版〉 (東進ブックス)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ナガセ
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本



中学、高校、大学受験




posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:24 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。