総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



住民税と所得税の控除

住民税と所得税の控除

各自治体によって、母子家庭や父子家庭にたいして様々な助成制度があります。
その中の一つが所得税や住民税の軽減です。
基本的に所得税や住民税といった税金は多くの人が義務として支払いをしています。
ただし最低限の生活を営むために、これらの税金が負担になるという人達に対して税金の免除や軽減を行っています。
自治体によって対象者も異なりますが、母子家庭・父子家庭で対象制限が変わってくる場合もあります。

所得が500万円以下の場合、所得税や住民税の控除の対象になります。
住民税から26万円と所得税から27万円を控除することができます。
基本的に全額というわけにはいきませんが、合わせて50万円以上を控除することができるのです。
特に母子家庭の場合は収入も少ないのでこの税金控除のシステムがなければかなり苦しい生活を強いられるでしょう。

もちろん所得税や住民税の控除を受けるためには申請が必要となってきます。
必ず所得税などが控除されるとは言い切れないので、各自治体に相談してみましょう。
控除してもらえるかどうか毎年判断してもらうのがいいと思います。
税金の控除ができるのであれば、申請の手続きは職場もしくは税務署でする必要があります。

また住民税の場合は前年の所得が125万円以下であれば非課税となります。
所得の低い場合は毎年申請して、住民税を非課税にしてもらいましょう。
収入をできるだけ減らすことのないように、受けることのできる制度は受けるようにしましょう。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:40 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。