総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



家庭生活支援を受ける

家庭生活支援を受ける

母子家庭や父子家庭を対象に家庭生活支援事業というものを各自治体で取り組んでいます。
全ての自治体が取り組んでいるわけではないので、詳しい話を聞きたい場合は近くの自治体に電話してみるのがいいのでしょう。

急な仕事や怪我・就職活動・公的行事などのために一時的に家事や育児ができなくなった場合に、家庭生活支援員を派遣して生活の手伝いをしてもらう事業を差します。
対象者は自治体によって異なりますが、母子家庭や父子家庭が中心です。
中には祖父母と同居している母子家庭であっても、支援してもらえます。

生活をしていくために避けられない自体であれば、家庭生活支援員を依頼できます。
例えば今後の生活をしていくために安定した仕事を見つけたいという場合でも、育児や家事に追われて就職活動が思うようにできないという人もいます。
その場合には一定の期間家事や育児を依頼し、就職活動に集中することができます。

家庭生活支援は子育て支援と生活援助に分けられます。
子育て支援は保育所等への送迎や身の回りの世話が中心になり、生活援助では日用品の買い物や食事・掃除などが中心になります。

この家庭生活支援員の派遣は収入によって、無償か有償かが決まります。
例え有償であっても、そんなに高い値段は取られません。
高くても1時間あたり300円程度になります。
また1回の要件につき、何日まで依頼ができるかは自治体で異なります。
ただし利用するためには事前に登録しておく必要があるので注意しましょう。


posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:42 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。