総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



家庭生活支援を受ける

家庭生活支援を受ける

母子家庭や父子家庭を対象に家庭生活支援事業というものを各自治体で取り組んでいます。
全ての自治体が取り組んでいるわけではないので、詳しい話を聞きたい場合は近くの自治体に電話してみるのがいいのでしょう。

急な仕事や怪我・就職活動・公的行事などのために一時的に家事や育児ができなくなった場合に、家庭生活支援員を派遣して生活の手伝いをしてもらう事業を差します。
対象者は自治体によって異なりますが、母子家庭や父子家庭が中心です。
中には祖父母と同居している母子家庭であっても、支援してもらえます。

生活をしていくために避けられない自体であれば、家庭生活支援員を依頼できます。
例えば今後の生活をしていくために安定した仕事を見つけたいという場合でも、育児や家事に追われて就職活動が思うようにできないという人もいます。
その場合には一定の期間家事や育児を依頼し、就職活動に集中することができます。

家庭生活支援は子育て支援と生活援助に分けられます。
子育て支援は保育所等への送迎や身の回りの世話が中心になり、生活援助では日用品の買い物や食事・掃除などが中心になります。

この家庭生活支援員の派遣は収入によって、無償か有償かが決まります。
例え有償であっても、そんなに高い値段は取られません。
高くても1時間あたり300円程度になります。
また1回の要件につき、何日まで依頼ができるかは自治体で異なります。
ただし利用するためには事前に登録しておく必要があるので注意しましょう。


posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:42 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

住民税と所得税の控除

住民税と所得税の控除

各自治体によって、母子家庭や父子家庭にたいして様々な助成制度があります。
その中の一つが所得税や住民税の軽減です。
基本的に所得税や住民税といった税金は多くの人が義務として支払いをしています。
ただし最低限の生活を営むために、これらの税金が負担になるという人達に対して税金の免除や軽減を行っています。
自治体によって対象者も異なりますが、母子家庭・父子家庭で対象制限が変わってくる場合もあります。

所得が500万円以下の場合、所得税や住民税の控除の対象になります。
住民税から26万円と所得税から27万円を控除することができます。
基本的に全額というわけにはいきませんが、合わせて50万円以上を控除することができるのです。
特に母子家庭の場合は収入も少ないのでこの税金控除のシステムがなければかなり苦しい生活を強いられるでしょう。

もちろん所得税や住民税の控除を受けるためには申請が必要となってきます。
必ず所得税などが控除されるとは言い切れないので、各自治体に相談してみましょう。
控除してもらえるかどうか毎年判断してもらうのがいいと思います。
税金の控除ができるのであれば、申請の手続きは職場もしくは税務署でする必要があります。

また住民税の場合は前年の所得が125万円以下であれば非課税となります。
所得の低い場合は毎年申請して、住民税を非課税にしてもらいましょう。
収入をできるだけ減らすことのないように、受けることのできる制度は受けるようにしましょう。
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:40 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療費の助成制度

教育改革破綻 母子家庭
医療費の助成制度
病院ロビー.jpg


母子家庭父子家庭を対象に医療助成制度が設けられています。
各自治体によって詳細は異なる場合がありますが、基本はどこも同じになります。
医療費助成制度は母子家庭や父子家庭で生活費に困っている場合、生活の安定や自立を支援するために医療費の一部を自治体が負担するというものです。
ほとんどの自治体では所得制限を設けています。
自治体によっては母子家庭と父子家庭では経済力の違いから助成を受けることのできる範囲が異なってきます。
父子家庭の場合のみ所得制限がある場合もあり、母子家庭には比較的やさしい制度になっています。
子供が18歳になった最後の3月31日まで助成制度は適応されます。
ただし生活保護を受けている人や子供が児童福祉施設等に入っている場合は助成の対象外になります。
医療費助成制度は申請によって初めて医療費を助成してもらうことができます。
助成の額については自治体によって異なります。申請には戸籍謄本健康保険証が必要となります。助成制度の対象者として認められたら、受給証が発行されます。病院に行った際に、健康保険証と受給証を一緒に提出します。
受給証は各自治体の定められた地域であれば、すぐに助成を受けることができます。
もし違う地域で受けた場合は、払い戻ししてもらう必要があります。その際に領収書が必要となるので、大切に保管しておかなければなりません。
偽りや不正行為があった場合、その期間に受けた医療費の助成額を返還する必要があるので気をつけましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

子どもの英会話をペッピーキッズの無料サンプルビデオ(DVD)ではじめてみよう!
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:39 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交通機関の割引

教育改革 破綻 母子家庭
交通機関の割引

乗車券.jpg


母子家庭や父子家庭を指す、ひとり親家庭には多くの優遇制度があります。
その中の一つとして交通機関の割引制度です。
まずJRの場合では通勤定期乗車券の割引制度があります。
児童扶養手当や生活保護を受けている世帯は通勤定期乗車券を3割引で購入することができます。
子供の通学や自分の通勤で使用することができます。
購入するためには、資格証明書と購入者証明書を利用する駅に提出する必要があります。
全国どこのJRでも利用できます。
また自治体によって異なりますが、他の交通機関でも割引制度が設けてある場合も多いのです。
例えば東京都の場合は都営交通の無料乗車券を交付してもらえます。
条件はJRと同じで、児童扶養手当か生活保護を受けている世帯に限られます。
JRと異なる点は該当世帯のうち1人だけ都営交通の無料乗車券が交付される点です。
この無料乗車券は1年間使う事ができ、1年毎に更新されます。
ここでいう都営交通路は都電や都バス・都営地下鉄を指します。
これ1枚あれば不便なく、行きたいところにいけます。
子供の通学費はかなりの費用がかかるので、無料乗車券が1枚あるだけでかなり生活費が浮きます。
母子家庭などの生活費を余計な所にかけられないという人にとってはとてもうれしいサービスになります。
もちろん東京都だけでなく他の都市でも交通機関の割引制度を設けている所もたくさんあります。
市営バスを始め、私鉄などは直接問い合わせをしてみるのがいいでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:23 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民年金の免除

教育改革 母子家庭
国民年金の免除



母子家庭または父子家庭の場合、生活面や子供の教育面でのサポートが必要となってきます。
特に母子家庭の場合は母親が働いていても最低限の生活をするのが難しいということで、行政が様々な補助をしています。
そのうちの一つが国民年金の免除です。
あくまでも生活が厳しいという家庭の場合は国民年金の保険料納付が免除されます。
もちろん父子家庭であっても免除の対象になりますが、圧倒的に多いのが母子家庭です。
生活保護を受けている人は国民年金を免除されている場合が多いです。

母子家庭で国民年金を納めていないという人の中にはお金がなくて納めていないという人もたくさんいます。
ただ長い間未納にしていると、将来年金を受けることができなくなる可能性もあるのです。
年金を受け取るためには最低でも25年以上は保険料を納付しなければなりません。
ただ保険料を納めた期間によってもらえる年金の額も異なりますが、途中で免除や納付特例を受けた場合は減額されます。
将来もらえる額は減りますが、未納となってもらえなくなるよりいいですね。
国民年金の保険料を納めることができなくなったら、保険料の免除や納付特例を申請するようにしましょう。

国民年金の全額免除をしてもらうためにかなりの厳しい条件があります。
全額ではなくても4分の3や2分の1、4分の1で免除をしてもらえるので、申請をしてみましょう。
各自治体で異なりますが必要書類として年金手帳や所得証明などがあります。

教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアル
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:03 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童育成手当


18歳までの位置情報子供を持つ母子家庭や父子家庭を対象に子供の育成を支援する制度を児童育成手当といいます。
児童扶養手当と一緒で、18歳になった後の最初の3月31日まで支給されます。
対象者は親が離婚していたり、親が死別していたり、親に重度の障害があったりする場合に適応されます。


児童育成手当は各自治体で独自に規定を定めているため、支給される金額は各都道府県によって異なります。
支給額は異なりますが、だいたい月に1万5000円前後が多いようです。
この手当を受けるためには所得制限があり、規定以上の所得があれば支給されないのです。
ある自治体を例に挙げてみると年収で360万円程度までで子供が一人であれば児童育成手当が支給されます。
母子家庭の平均年収が220万円ぐらいなので、多くの母子家庭でこの児童育成手当は受けることができるでしょう。
月の支給額や所得制限の詳細は各自治体で確認してみましょう。
支給は年3回まとめてあります。
自治体ごとに定めている手当のため、提出書類も異なってきます。
基本的な書類として戸籍謄本や住民票、所得証明などが必要となります。
母子家庭は基本的に父子家庭よりも年収も少ないため、児童育成手当と児童扶養手当を同時に受けることができます。
もちろん2つの手当を受けるためには条件もあります。ただ、2つの手当を受けている母子家庭はたくさんあります。
それだけ多くの母子家庭が苦しい生活を強いられているのが現状です。


子どもが英語に親しむ環境ならペッピーキッズがピッタリ!無料サンプルプレゼント実施中!!
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:31 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母子家庭の現状

死別や離婚で父親がおらず母親と子供で暮らしている世帯を母子家庭といいます。
現在、母子家庭は120万世帯以上あると言われ、近年増加傾向にあります。
中でも20〜30代が占める割合が高いとされています。

この母子家庭が増える一番の原因としてあげられるのが離婚の増加です。
離婚をしたい場合、子供は父親ではなく母親が引き取る場合が多いのです。
約8割は母親が引き取るとも言われています。

母子家庭になった場合の問題点としてあげられるのが生活費です。
父子家庭とは異なり、満足な収入を得られない場合が多くなります。
そのため生活費を捻出するのが難しいと言われます。
この問題を解決するために、生活保護や児童扶養手当という形で行政が援助をしてくれます。
経済力の差から父子家庭に比べ、母子家庭の方が支給される援助金も多くなります。

母子家庭の場合は仕事も正社員よりもパートで働く人が多く、年収も父子家庭に比べるとかなりの差がでてきます。
正社員で仕事に就きたくても、なかなか雇ってくれる所が見つからないという問題もあります。
他にも母子家庭は持ち家を持っている人が少なく、賃貸をする必要がでてきます。
収入が少ないのに、出費もしいられるという状況になっています。

子供の教育に支障がでないように行政がある程度はサポートしてくれますが、やはり生活が厳しいという現状にはあまり変わりがないようです。
今後も母子家庭はもちろん父子家庭も増えてくるとされています。

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:08 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。