総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



世界のニート問題

教育改革破綻 ゆとり教育の愚策
世界のニート問題

日本でニート問題が頻繁に取り上げられていますが、ニート問題は日本だけでなく世界各国でみられる問題です。ニートの定義は国によって異なっています。
ニートという言葉を生み出したイギリスではニート問題は既に広く知られています。しかしその背景は日本のとは全く異なり、人種や地域、階級社会などが深く関わっています。
欧米ではニートの明確な定義はありませんが、就業や就学、職業訓練をしていない若者は多く存在し、「社会参加困難者」と認識されています。人種や格差社会などの問題が背景にあると考えられています。
日本の隣の国、中国では近年世界の工場として著しい発展を遂げた国ですが、離職率が高く、失業者が多いことでも知られています。
その中国でもここ10年程でニートが急増し、その数は16歳から35歳の若者で1200万人を超えています。また、経済的に自立ができず親に頼っている若者は全体の30%前後存在すると言われています。
中国のニート問題の背景にはさまざまな事情が考えられますが、その一つは1979年から始まった一人っ子政策だと言われています。
韓国もニート問題を抱える国の一つです。韓国は近年失業率が高まっており、特に青年の失業が社会問題となっています。また、兵役制度のため職業訓練が遅れることや、職業に対する理想が高く、肉体労働など敬遠することもニートになる一因だと言われています。
ある報告では韓国の15歳から29歳の若者では6人に1人がニートだとされています。

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

図解 超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!

  • 作者: 椋木 修三
  • 出版社/メーカー: 経済界
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本



ブロック10万個のレゴの街、子どもたちで盛況
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 07:06 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートと親の教育

ニートと親の教育
教育改革破綻ゆとり教育の愚策

格差社会と教育改革 (岩波ブックレット)

格差社会と教育改革 (岩波ブックレット)

  • 作者: 苅谷 剛彦
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本


ニートが増加している原因の一つに親の教育の問題が指摘されています。
昔は学校を卒業したら就職して社会に恩を返し、家庭に生活費を入れるのが当たり前のことでした。
しかし、今では職に対する意識が変わり、学校を卒業してもやりたいことを模索する若者や就職せずに夢を追いかける若者、また会社に縛られたくないとフリーターになる若者が増えています。また一旦就職してもすぐに辞めてニートになる若者も多くいます。
ニートの中には裕福な家庭で何不自由なく育ち、成人してからも親から小遣いをもらっている若者が多くいます。
ニートがニートでいられるのは親のお金があるからです。しかしいつまでも子どもに依存されていては親の経済的な負担が減らず、安心して老後を迎えることができません。
子ども自身も自立できず不幸です。
成人しても親に依存する子どもに対しては、愛情を持って突き放すことが必要です。そうすることでニートである子どもは自立に向けて考え始めるでしょう。
そして子どもに勤労の義務をしっかり教育しておくことも親の重要な役目です。人は社会から恩を受けて生きていること、学校を卒業したら社会の一員としての義務を果たすことを子どものうちから教えておかなくてはいけません。
また、子どもに少々のことではくじけない強い精神力を付けておくことも大切です。こういったことは幼児期から甘やかしすぎないように親が気を付けて教育することによって、成長してから大きな差になります。
こういったことは親のためだけではなく、子ども自身の幸せのために大切なことです。
秋葉原のオタクと「非常識」な医師≫続きを読む
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:24 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートの政策

ニートの政策
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

社会問題となっているニートの増加に対し、日本では国をあげてさまざまな政策を行っています。
その一つが企業の再チャレンジ制度の推進です。再チャレンジとは中途採用のことで、国ではニートの再チャレンジに協力的な民間企業に対して、税制上の優遇措置や表彰制度が検討されています。
しかしニートを積極的に採用する企業はまだ少なく、ニートの社会復帰は厳しいのが現実です。そこで民間企業に先駆けて、国家公務員試験では再チャレンジ制度が導入されました。これはニートに国家公務員の門戸を開き、社会復帰のチャンスを与えようというものです。この制度にはこれまで大勢のニートが応募していますが、応募者に対して採用枠が少ないため、相当狭き門となっています。
また、近年では全国で若者自立塾が設立されています。これもニートが若者らしい意欲を取り戻すために厚生労働省が始めた政策です。
内容は3か月以内の合宿形式による集団生活の中で、資格取得のための学習や職場体験などの労働体験を行います。
平成17年から始まったこの事業は、卒塾生の就業や進学においてある程度の成果を出していますが、まだ多くの課題が残されている政策です。
さらに文部科学省でもニートに対する政策を行っています。
文部科学省ではニートになる前に予防することに重点を置き、中学校を中心に卒業前に5日間ほど、地元の店や保育所などで職場体験をさせ、予防授業を行うことなどを推進しています。
また既にニートである人やその保護者を対象に、職業教育や学習支援などの「学び直し」の機会を提供しています。

元進路指導教諭だから分かる真実があります。
「入れる大学」から「行きたい大学」へ!
偏差値40からの大逆転!
知りたい方はいますぐ
こちら!をクリックしてください!

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 13:28 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートと就職難

ニートと就職難
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

ニートは就職難と深い関係があります。
日本では1986年から1991年頃にバブルと呼ばれる時代がありました。日本の景気は絶頂期で、企業では事業拡大のために大量に学生を採用し、就職はそれまでにないほどの売り手市場でした。
しかしその後バブルが崩壊し、景気は急激に悪化しました。企業は新卒の採用を控え、「就職氷河期」と呼ばれるようになりました。
特に1995年、1996年では「就職氷河期」のピークであり、採用を見合わせる企業が多く現れ、学生の就職活動はとても厳しいものとなりました。
希望の企業や業界に就職できなかった学生がほとんどで、やむを得ず希望していない業界に就職したり、就職浪人になったり、進学するなどの道を選ぶことになりました。
就職をする機会に恵まれずに、やむを得ずニートやフリーターになる若者も急増したのでした。
その後1997年からは景気は緩やかに回復し、就職は売り手市場となりましたが、2000年から2002年頃には再び就職難が訪れています。
このような時代を経て、若者の就職に対する意識も変わり、一旦就職しても数年で辞めてしまう若者や、働く意欲のないニートが増加したと考えられます。さらに新卒しか採用しない企業が存在することもニートの増加の要因の一つです。
ニートは否定的に見られがちですが、運悪く就職難の時期に就職活動をしなければならなかった若者に対して、個人や家庭だけを責められないのです。
現在もまた世界的な景気の悪化により、就職難が訪れています。社会や企業の努力によって、ニートになる若者を増やさないことが求められます。


posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 15:19 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートとフリーター

ニートとフリーター
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

近年、ニートという言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、ニートと似ている言葉にフリーターがあります。
フリーターとは正社員として就労しておらず、アルバイトやパートによって生計を立てている若者のことをいいます。本職がアルバイトやパートの人だけを指し、学生業のかたわらアルバイトをしている人や、主婦でパートをしている人はフリーターに含まれません。
これに対してニートは働く意欲の全くない若者をいいます。全く異なるこの2つですが、場合によっては混同されて扱われているのが実情です。
現在フリーターの数は200万人を超えると言われています。またニートの数も80万人を超えると言われています。こういった若者に対して、「定職につかずにぶらぶらしている今時の若者」と批判的な見方をする人も多くいます。
フリーターという言葉は使われるようになって20年以上が立ちました。バブル時代には就職先はあるが「自由」のために就職しない若者をイメージしたものです。しかし今では社会的保障のない不安定な身分というイメージが強くなっています。
フリーターになった理由は、就職難でやむを得ずという場合や、やりたいことがあるなど、人によってさまざまです。
最近ではフリーターがそのまま年を重ねた年長フリーターも増えています。
ニートやフリーターの増加は近年の社会問題の一つとして考えられ、政府においてもフリーターやニートへの就職支援などの対策を急いでいます。

生きがいの教室―人生の意味を問う「生きがい教育」のすすめ

生きがいの教室―人生の意味を問う「生きがい教育」のすすめ

  • 作者: 飯田 史彦
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2004/03/23
  • メディア: 単行本




お祝い金がもらえるアルバイト・パート探しは「くるくるバイト」!
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:20 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートと家事手伝い


ニートと家事手伝い
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策


ニート (角川文庫)

ニート (角川文庫)

  • 作者: 絲山 秋子
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/06/25
  • メディア: 文庫




ニートと区別が難しいものに家事手伝いがあります。
家事手伝いとは本来、親に代わって一家の家事全般を担っているとか、家族経営の事業を手伝っている、家族の介護や幼い兄弟の養育をしていることを意味するものです。
ニートと家事手伝い≫続きを読む
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:19 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニートとは

教育改革 破綻
「ニート」という社会問題

ニートとは学校を卒業した後も就職や進学をせず、就職する意欲も見られない若者のことをいいます家事手伝いやフリーター、引き込もりとの区別などあいまいな点も多いのですが、ここ数年急激に注目を集めるようになった言葉です。近年ニートは急増しており、社会的な問題となっています。

ニート1.jpg


厚生労働省ではニートを、「非労働力人口のうち15歳から34歳の若者で、通学も家事もしていない者。学籍があっても学校に行っていない者。既婚者で家事をしていない者」と定義しています。
ここでいう非労働力人口とは、総務省が毎月実施している調査で、無作為に抽出した4万世帯に住む15歳以上の人口のうち、月末の1週間に家事や通学、職業訓練をしていない者の人口のことをいいます。この人口には専業主婦や学生、高齢者が含まれていますが、ニートもまたこの中で大きな割合を占めています。
また内閣府でも、ある調査の中でニートを定義しています。それによると、「高校、大学及び予備校、専門学校に通学しておらず、独身者であり、家事手伝いを含めて、ふだん収入を伴う仕事をしていない15歳から34歳の者」となっています。
ニートの増加に対して政府ではさまざまな対策を投じていますが、そこではニートについて厚生労働省と内閣府の二重の定義がされていること、また家事手伝いがニートに含まれるかの見解が両社で異なっていることが問題になっています。
また現在のところでは厚生労働省の定義が政府の定義とされています。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 16:12 | Comment(0) | ニート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。