総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事ネット塾|



子どもの進路に少しでも





momobgyoko.JPG

子どもの進路に少しでも
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

授業料を安くする方法があれば保護者としては素直に助かると思います。
大学受験する為の三大予備校費用は大体ですが入学金と授業料と合わせて70万円くらいになります。
単純に予備校に通った為に希望する難関大学に合格できて、学歴というものを手に入れることが叶ったのであれば70万円は安いと感じる人もいるでしょう。
しかし、年収が700万円前後の家庭からすれば家計の10%になります。決して安いとは言えなくなります。
子どもの進路を考えている親の中でも家計状況も様々です。

同じ70万円でも物を買うのと予備校に払うことは断然違いがあります。
予備校に入ったからといい、必ず希望の大学に合格する保障などないのです。
そう考えると高いと考えるのは普通ではないでしょうか?
そこで少しでも安く予備校通いが出来る方法はないかと思います。

河合塾
高校生の時から河合塾に通っていた人と2浪まで本科生に通っていた人に関しては入塾金免除があります。
後は3年生になって模試を受けた人と講習会、インターネット会員またその年度の入塾説明会に参加した人には5万円の免除があります。
その他で本科コース入塾後に成績が優秀で出席状況も良く塾生の模範生となる様な生徒に対して授業料の免除があります。
年2回の選考があり最もグレードの高い人で授業料の半分が免除になります。
この2回の選考で両方ともクリアすれば、1年間の授業料が無料となります。
低いグレードの免除率でも20%の入塾金の授与になります。

代々木ゼミナール
3年生で受験した代々木ゼミナールの模試結果やセンター試験の自己採点の組み合わせで減額率が変わります。
授業料100%減額から80%、50%、30%、20%と減額が変わり、それぞれに10万円の入塾金が免除になります。

この様に河合塾へ入塾後の成績で授業料の減額になり入学しないと決まらないのですが、代々木ゼミナールは入塾前に減額された中での入塾手続きになるのでメリットになります。
また代々木ゼミナールでは指定している優秀高校に通学している生徒と模試で東大、京大、医大を志望校に書いている成績優秀者にはゴールドメイト生という特別な制度があります。
優秀な生徒を早い時期から確保したいという考えで行っています。
講習会の受講料が無料、模試の受験料が無料になることが多い制度になります。

お金のことは子どもの進路の為にしても安くはない高額なものです。
少しでも安くなると嬉しいですね。

エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集



posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:14 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

個別指導は子どもの進路に適切か





momobgyoko.JPG

個別指導は子どもの進路に適切か
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

子どもの進路を考える親も子供も予備校に通う人の中で、どのような予備校が理想的かと質問すると、面倒を見てくれる予備校が人気です。
そんな理想に答えたのが個別指導塾の形だと思います。
マスプロ授業をしている予備校は売上も下がり気味という中で、個別指導塾は売上が大きく上昇している様です。
この様に明暗を分けた結果となっています。
今の生徒は手厚い指導での授業を求めています。
個別指導というくらいなので、一人ひとりの要望を100%応えることを求められているので、塾側としては大変です。
それでも、生徒は子どもの進路を真剣に考えている人達には満足感も高いものになります。
そんなところから、個別指導塾のメリットが沢山出てきます。

予備校に通っていると予備校が作ったカリキュラムを進んでいかないといけないのですが、個別指導だと苦手な分野も集中的に取り組むことが可能です。
苦手も得意も同じ時間だけ勉強しても効率が良いとは言えない。
受験生にとって時間は大切です。
有効な時間の使い方の出来る個別指導はとっても魅力です。
個別指導では、本人の成績を伸ばしたい所に重点をおいて受講できるので、やらないといけないという状況に追い込まれていきます。
個別での指導なら気分的にサボるなんてことも出来ませんし、成績を伸ばしたい人、きっちりと苦手科目を克服したい人には良いです。
万が一講師と相性が合わなくても、予備校に変更を申し出れば変えてくれるところが多いので、高額なお金を払っているわけなので遠慮せずに変更をお願いすると良いです。

今の生徒のニーズに100%応えてくれる個別指導でもデメリットもあります。
料金設定が高いのが一番のデメリットですね。
予備校側からすれば、大きな教室に出来るだけ多くの生徒が集まってその全員の授業が1度で終わるのであれば、効率が良いです。
金額だって変わってきます。
しかし、この多くの生徒に対して一人ひとりになれば効率が悪いのは一目瞭然講師の負担は大きくなるだけです。
そうした点から考慮してもある程度の金額は、上乗せされているのです。
また、受験に必要な科目を全て受講するのは難しいです。
センター試験を受験する為に全教科となれば7から8教科あり、費用も負担が大きいです。
子どもの進路をどこまで費用と組めるかなど保護者の負担も大きいわけです。
指導員にアルバイトの学生しか使っていない個別指導塾もありますので、要注意してください。
教え方の違いはあるのはもちろんですが、他にも所詮アルバイトですので生徒第一優先という発想がないようです。

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 12:07 | Comment(0) | 子供の進路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの進路と地域

子どもの進路と地域
教育改革破綻 ゆとり教育の愚策

大手の全国展開している予備校とは違い、地元に密着した予備校もあります。
メリットは、規模も大きくないので、アットホームな雰囲気で生徒に対して面倒見が良いです。
また、講師が生徒との距離が近く、個人の学習状況と性格を把握しています。
生活面に一人ひとりアドバイスが出来ます。
一番評価されるのは地元の大学に対して分析に優れているところです。
地元大学の対策を考えれば評価の高い予備校もあります。
地元の予備校の中には3大予備校などの大手予備校と提携している場合もあります。
そういった予備校は地元密着型の予備校と大手の予備校の良い所を両方持ち合わせています。
ただ、模試について大手予備校の様にオリジナルの模試を行っているところもありますが、規模が小さい為に正確なデーターとは言えないようです。
そういった点から多くの地元予備校では3大予備校などの全国規模で行っている模試を取り入れています。
子どもの進路を真剣に思う親からすれば安心な事ばかりです。

デメリットになりますが、地元密着の予備校は全国規模にはならないので入試の分析が明確ではないです。
なので、地元の大学以外を目指している受験生には不利な面が多いかもしれません。
また講師が進学についての指導と授業を行うと講師の担当意外はどのように対応されているのかが疑問なところです。
たとえば、講師の担当が英語の場合に、生徒の苦手科目が別の科目で数学だった場合にはアドバイスはどの様にされるのでしょうか?
その都度の生徒に必要の無い英語のアドバイスしか出来ません。
そういった点は無駄な時間になってしまいます。

他には実際に学習意外での注意点としてあげるとすると、予備校が学校法人かどうかということです。
地元に密着している予備校には学校法人でない場合がありますので注意が必要です。
学校法人である場合のメリットは通学に関して公共交通機関で通学定期や学割扱いになります。
その逆で予備校が株式会社であった場合には通勤定期になります。
学割が利かないので金銭的な面ではデメリットでもありますね。

デメリットもある地元の予備校ですが、メリットもありますので、何が必要かを考えて予備校を選んでいただきたいです。

子どもの進路の先には金銭面から行き先に至るまできちんと考えないと後々後悔することも多いと思います。
良く考えて予備校を選ぶべきですね。

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:11 | Comment(0) | 不登校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

担任としての対応

教育改革 ゆとり教育 学習障害
担任としての対応

学習障害を持つ子の担任となった場合、どのように対応すればよいでしょうか?

保護者が学習障害と認識していればいいのですが、していない場合は注意が必要です。
その疑いを感じたとしても、「あなたのお子さんは学習障害ですね?」などと言っては保護者の心情を害します。

まず学校での状況を話し、具体的にこういった場合でこのような行動を取るなどのリストを作っておくとよいでしょう。
保護者は受け入れられない方もいらっしゃるかもしれません。
そういった場合は、ひとりで抱え込まずに他の先生方や校長先生などにも相談してみましょう。
また、資料などを集め、保護者と共に考えていきましょう。
専門家の指示を受けることも一つの手立てです。
まずは保護者の立場に立って、決して上から押さえつけるのではなく、寄り添って話し合いましょう。

その子供が学習障害である、ということが判明したら、どのように授業を進行していけばいいでしょうか?
学習障害の子の親は、自分の子が他の子と遅れないようにしてほしいという思いでしょう。
特別プログラムを作ってほしいという人も出てくるかもしれません。
しかし、担任の先生は多くの生徒を一度に教えています。
なかなか特別扱い、というわけにはいきません。
平等に、と言われる親御さんも出てくるかもしれません。

しかし、担任となったからには、学習障害の子に対しても同じように指導していく義務があります。
同じように、というのは語弊があるかもしれません。
全く同じではなく、その子に合ったやり方で教えていかねばなりません。
どのような生徒にも得手不得手はあります。
担任のクラス全員の子供に対して、対応するのが担任としての役目です。

そして、他の子供達に対しても、理解を図っていくことが大切です。
他の子は、「どうしてあの子はああなの?」などと思うかもしれません。
その場合、きちんと伝えていくのです。
子供は大人よりずっと柔軟です。
きちんと理解さえすれば、それを受け入れることができます。
ちゃんと伝えない場合にいじめなどが起こるのです。

担任が教えることは、学校の勉強だけではありません。
こういうことを教えていくのも大切な役割であり、他の子供の成長にも、そして担任自体の成長にも必ずつながるのです。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 11:42 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

具体的な支援法(1)

教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 学習障害
具体的な支援法(1)

さて、学習障害の子供に、具体的にはどのように支援していったらよいのでしょうか?以下、具体的な支援法と考えられる例を挙げてみます。
話すことが困難である子に対しては、文を補充して行ってあげましょう。
子供が話した言葉を否定することはやめ、それを正すのではなく、補充してあげるという方法で文を教えていきましょう。
話すことを直されたのでは、話したい内容があるのに伝えられない子供はストレスがたまってしまいます。
焦ることなくゆっくりと少しずつ教えていきましょう。
聞くことが困難である子に対しては、言葉だけでなく視覚を用いましょう。絵や写真などを使って、わかりやすくしてあげましょう。
文字を使うこともよいでしょう。
聞こえやすいように、近くで話してあげて、周りの環境を静かにしてあげましょう。
読むことが困難である子に対しては、子供が関心を持ちそうな本を与えることにしましょう。
必ずしも教科書だけが読みを上達させるわけではありません。まずは関心の有無が重要なのです。
文字を拡大コピーしてあげることもいいかもしれません。指を指しながら読む方法などを教えていきましょう。
書くことが困難である子に対しては、できるだけ大きなマス目のノートを与えましょう。
最初は少しぐらいはみ出しても決して怒らないようにしましょう。
間違ってもいいから、とにかく書かせることです。
書くことには慣れも必要です。
計算が困難である子に対しては、わかりやすい絵にしてみたり、グラフにしてみたりしてみましょう。
九九を覚えるのが困難であったら、その表を置いて指差ししながらする方法でも構いません。
まずは数字の概念を正しく教えていきましょう。
場合によっては電卓を使うのも構わないのではないかと思います。
大人になってから、子供の頃に習った計算ができずに電卓を使う人はたくさんいるのですから。
以上の例に習って、他にもさまざまな方法を考えてみましょう。
学習障害の子の立場に立って、あまりストレスに感じない方法を考えていきましょう。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

【英語&外国語好きな人大集合!ネイティブスタッフと話せるホットなイベント
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 09:23 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てに対する助言

教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 子育て
子育てに対する助言

子育てと言うものはとかく不安が付きまといます。
それは当然のことです。
誰しも親になる可能性はあるものの、子供を持ってはじめて実感するからです。
全くまっさらな人生が、命が委ねられているのですから。
それを自分で考え、自分で決めねばなりません。
これは非常にストレスのかかる事態です。

そこで助言が欲しくなりますが、これはちょっと注意が要るのです。
例えば、自分の親に助言を得る場合です。
経験者の言葉は参考になることが多いものです。
ですが、それが当てにならない場合もある、ということなのです。
親世代は20年から30年前の常人間だ、ということです。
当時の常識が、今では非常識になってしまっていることもあるのです。
加えて「今の母親ときたら…」という否定的な言葉が付いてくることもあります。
下手をすれば助言を求めた事が、かえって不安を煽ったり、ストレスを感じてしまうことになってしまいます。

専門家に意見を求めることも必要でしょう。
殊に健康に関しては、お医者さんや、保育士さんに悩みや、子供の症状について意見を聞かねばならない時があります。
でも、彼らの意見は専門家の「立場」としてのものです。
これは頭においておくべきことです。
彼らはぶっちゃけ「放っとけば?」とは言えないのです。
それではすまないときは別にして、無難なことしか言いません。
軽い症状でもそれなりのことはいわねばならないのです。
育児書も同じようなものです。

子育てに正解はありえません。
親が違えば、子も違うのです。
助言を求めるのは、あくまで参考と言う心構えも必要です。

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:32 | Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスペルガー症候群

教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 学習障害
アスペルガー症候群

学習障害と混同されがちなものに、位置情報「アスペルガー症候群」があります。アスペルガー症候群とは、自閉症の一種と言われます。
高機能自閉症とアスペルガー症候群をまとめて「広汎性発達障害」と呼ぶ場合もあります。
高機能自閉症アスペルガー症候群との違いは、専門家の間では各々見解が異なり、明確な区分は成立しておりません。
アスペルガーの人は、3つの障害が合わさっていると言われます。
1、社会性
2、コミュニケーション
3、想像力

社会性では、人の気持ちを推測したりすることが苦手です。意思の疎通が困難であり、孤独感にさいなまれやすくなります。
コミュニケーション能力では、言葉は話せますが、一方的であったりします。
感情や情緒を表す言葉は苦手です。
想像力では、大変限定された趣味を持ったり、変わったものをコレクションしたり、遊びの部分でかなりのこだわりを持ったりします。
視覚、聴覚等の感覚分野において、過敏になる、あるいは鈍感である場合があります。
手先の不器用、動作の不器用などがあります。
字を書くのが苦手な場合もあります。
(学習障害が現れる場合)

アスペルガー症候群の人は、自分の興味のあるものにとことんこだわり、異常なまでに調べ上げ、相当な知識を持ちます。
それにより、社会的に活躍した人も多数存在します。
プログラマーなどのような仕事に就く人も多く、ビルゲイツアスペルガー症候群だと言われています。
アスペルガー症候群の人の場合、独特のこだわりをやめさせるのではなく、活かす方向で支えてあげると、思った以上の成果を挙げることになるでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

春旅行 良い旅行会社とは・・春旅行 団体旅行春旅行 温泉

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 14:43 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習障害の診断基準

教育改革破綻ゆとり 教育の愚策 学習障害
学習障害の診断基準

学習障害の診断とはどのようにされるのでしょう?その診断基準はどのようなものでしょう?
学習障害の診断は、専門家の元によって行われます。まずは家庭や学校での情報を集めます。
病歴や、その生育過程、行動などをできるだけ詳しく伝えることが好ましいでしょう。
内容について、学習障害の疑いが見られれば、知能検査を行います。知能検査は、WISCがよく使われます。
そこで学習障害が推定された時は、以下の検査を行います。
PRS
K〜ABC 心理教育アセスメントバッテリー
ITPA 言語学習能力診断検査

PRSとは、行動や学習を調べるスクリーニングテストです。
K?ABC 心理教育アセスメントバッテリーとは、子供への課題を与え、その解決法を調べる検査です。
ITPA 言語学習能力診断検査とは、子供が課題を他の人にどう伝えるのかを調べる検査で、コミュニケーションをどのようにとるのかを調べる検査です。
それらの検査をすることにより、学習障害である、と判断されます。
これらの検査は、学習障害である子を排除するためにあるものではありません。学習障害ということを知ることにより、親や先生をはじめ、周りの人々がその対応を考える原点にもなります。
「なぜあなたはできないの?」と子供のことを責め続けるのではなく、学習障害であるからなのだ、と受け入れることから始まります。
どうしたらその子にとってうまくできるのかを導き出したり、一緒に考えたりするように、まず周りが変わる必要がある、ということを認識させる手立てでもあります。
検査の数値で示されることにより、親は「そんなはずは・・・。」と受け入れを拒否できず受け入れる状況を作り出すのです。
これらは必ず専門家の手によって行われなければなりません。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 10:08 | Comment(0) | 学習障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あらためて思う「教育は人なり」

学校教育 塾 習い事【学びの細道】
http://manabuno-hosomichi.seesaa.net/
子供の習い事 ピアノ

tanbarin.jpg
教育改革 破綻:あらためて思う「教育は人なり」
【記事の詳細】


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 12:11 | Comment(0) | あらためて思う「教育は人なり」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療費の助成制度

教育改革破綻 母子家庭
医療費の助成制度
病院ロビー.jpg


母子家庭父子家庭を対象に医療助成制度が設けられています。
各自治体によって詳細は異なる場合がありますが、基本はどこも同じになります。
医療費助成制度は母子家庭や父子家庭で生活費に困っている場合、生活の安定や自立を支援するために医療費の一部を自治体が負担するというものです。
ほとんどの自治体では所得制限を設けています。
自治体によっては母子家庭と父子家庭では経済力の違いから助成を受けることのできる範囲が異なってきます。
父子家庭の場合のみ所得制限がある場合もあり、母子家庭には比較的やさしい制度になっています。
子供が18歳になった最後の3月31日まで助成制度は適応されます。
ただし生活保護を受けている人や子供が児童福祉施設等に入っている場合は助成の対象外になります。
医療費助成制度は申請によって初めて医療費を助成してもらうことができます。
助成の額については自治体によって異なります。申請には戸籍謄本健康保険証が必要となります。助成制度の対象者として認められたら、受給証が発行されます。病院に行った際に、健康保険証と受給証を一緒に提出します。
受給証は各自治体の定められた地域であれば、すぐに助成を受けることができます。
もし違う地域で受けた場合は、払い戻ししてもらう必要があります。その際に領収書が必要となるので、大切に保管しておかなければなりません。
偽りや不正行為があった場合、その期間に受けた医療費の助成額を返還する必要があるので気をつけましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

子どもの英会話をペッピーキッズの無料サンプルビデオ(DVD)ではじめてみよう!
posted by 教育改革破綻 ゆとり教育の愚策 記録の細道 at 17:39 | Comment(0) | 母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
本「親のチカラは本当に大きい!」限られた子育ての貴重な時間…短い時間の中で、親は子どもに何ができるのか?すべて教えます!! 教育の悩み解消!子供たちの為の教育マニュアルパンチ
ATMレストランプレゼント美容院パンチビル飛行機イベントムード病院
TOPページ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。